Cotton Walk & Ride 2014

運営委員の石田原です。

Cotton Walk & Ride 2014から始まったGWも終わりましたね。
商売をしている我々にとっては、ちょっとほっとしています(笑)

例年通り、GWが明けると急に暑くなってきます。
花粉もほぼ終わって、アウトドアでは何をやっても気持ちのいい季節。
梅雨入りまでせいぜい屋外で楽しみましょう。

ところで、先日のCotton Walk & Rideの写真をアップいたしました。
今回は、プロのカメラマンをお願いしなかったので、
「百々カメラマン」を中心に、ご参加の皆さんの写真を集めました。

例のごとく、大きな画像をご入り用の場合は、ご遠慮なくお問い合わせください。
下のQRコードを読み取っていただきますと、スマホでもご覧いただけます。
また、画面の右下をクリックして、Cotton Walk & Rideのタイトルをクリックしていただきますと、
Picasaのサイトにて大きな画面でゆっくりご覧いただけます。




上のスライドショーがご覧いただけない場合は、こちらにアクセスしてください。
https://picasaweb.google.com/104638124681410591240/CottonWalkRide2014On201442627?authuser=0&feat=directlink

Cotton Walk & Ride 2014 無事終了しました!

運営委員の石田原です。

昨日、本日と二日間にわたって開催しましたCotton Walk & Ride 2014は無事終了いたしました。

両日とも、本当に気持ちのよい天候に恵まれました。
例年より約一か月早く開催したCotton Walk & Ride、大丸神戸店の旧居留地フェスティバルや元町商店街とのイベントの連動を図ったのですが、結果的に、一年で一番気持ちの良い季節に最高のコンディションで開催できました。

ご参加いただきました皆様、お手伝いをいただいたスタッフの皆さん、本当にありがとうございました。

実は、今回、開催10日前に予想外のトラブルに見舞われ開催が危ぶまれたのですが、皆さんのご尽力のおかげで滞りなく開催でできましたこと、心より感謝しております。

それでは、取り急ぎ、簡単に二日間を振り返り、また、別の機会に、いろんな写真をアップしたいと思います。

26日、神戸ファッション美術館の白井俊夫氏、鈴木晴生氏、大西基之氏によるトークショー
約60名の方にお集まりいただきました。


27日、神戸朝日ビル午前9時、セッティング終了


大丸神戸店のジーニアスギャラリーもセッティング完了


三井住友銀行前のTOYOTA 2000GT


三井住友銀行前のいすゞ117クーペ


協力店のコーディネートと山中氏と濱口氏の英国ビンテージ自転車の展示も完了


Caterinaのケータリングとドリンクサービスも準備完了


皆さん、ご参集の模様


午前11時、イベント開始。早速全員でハーバーランドまでライディング


かなりディープですね。一番左が、今回ご尽力いただいた山中唯裕氏


最高の天気です。


一番右が今回ご尽力いただいた濱口宗士氏


ビンテージのラレーの宣伝幕、当初は「ラーレー」だったようです。


「お開き」の集合写真
自転車走行、交流会合わせて、50名以上の皆さんにお集まりいただきました。
連休の初日ということもあり、旧居留地はかなりの人出。
多くの通りがかりの方々にも展示をご覧いただきました。


大丸神戸店6階紳士服フロアー、Men's EX「お洒落道場外伝」の撮影会にて
 

Orlandiのパンフレットに掲載されました。

運営委員の石田原です。

先日ご案内しました、神戸ファッション美術館の「日本の男服」展関連の安城寿子氏のセミナー「仕立職人たちの格闘」は、お陰様で約70名の参加者で大盛況でした。

次は、12月8日(日)の大丸神戸店での「男子専科 x カインドウェア x 神戸ブランメル倶楽部」のトークショーが開催されます。
http://www.kobe-bc-blog.com/?day=20131119
入場は無料ですので、ぜひお立ち寄りください。

ところで、先日のTweed Walk & Ride 2013の写真が思いがけない展開となりました。(笑)

当日は、ロンドンからThe Woolmark CompanyのマネジャーのSusie Stanwayさん、そして東京からThe Woolmark Companyの日本支社長の井上氏が参加されましたが、その際にお二人用に豊中の「バイシクルショップ M&M」さんより、Orlandi(オレンダ)という自転車をお借りしました。

ハーバーランドでの一コマ、



この写真がM&Mさんの目に留まり、Orlandiのパンフレットに採用されました!
幸い、Susieさん、井上さんのご両人にもご快諾をいただきました。



背景といい、自転車の写り具合といい、まさに宣伝向き、なんといってもお二人の表情が、いいですね。

それにしても、なかなか英国っぽい、お洒落な自転車ですね。
変速は、ペダルを半回転させるとシフトチェンジをするキックバック式だそうです。

12月2日(本日)より25日まで、東京の東急ハンズ渋谷店の「Hey Gentleman Cafe」の期間限定ショップにて、
展示販売されるそうですので、ぜひお立ち寄りください。


 

Tweed Walk & Ride 2013 写真ができました。

運営委員の石田原です。

本日、カメラマンのhaLuさんが撮ってくれた、公式の写真が出来上がってきました。
いつも通り、Picasaにアップしておりますので、ぜひご覧ください。
Tweed Walk & Ride 2013

 https://picasaweb.google.com/104638124681410591240/TweedWalkRide2013?authuser=0&feat=directlink

Picasaの画像は長辺を600ピクセルにダウンサイズしています。
オリジナルの大きな画像をご希望の場合は、info@kobe-bc.jp
にお問い合わせください。
ご自身の写っているもの、あるいは、人物の写っていないものに限らせていただきます。

とにかく、自転車のイベントにおいて、自転車で走れるだけで幸せですね(笑)










Tweed Walk & Ride 2013 無事終了しました!

運営委員の石田原です。

本日のTweed Walk & Ride 2013、無事、終了いたしました。
それにしても奇跡のような一日でした。

朝、起きた時からすでに小雨模様、会場についても小雨模様、
天気予報では、午後の遅い時間まで結構強く降り続くということでした。

ところが、イベントが始まる午前11時には、すっかり雨が止み、
一時は薄日が差す展開に!

皆さんと、元町商店街の羊の「放牧」を鑑賞、そして記念撮影、
その後、ハーバーランド→メリケンパークとライドを楽しみました。

その後、メイン会場の神戸朝日ビルでは、交流会、トークショーが開催され
楽しいひと時を過ごしました。
Caterinaのミートパイやアイスクリーム、
そして、リプトンさんにご協力いただいたロイヤルミルクティーが
体を温めてくれました。
実は、そのころには、また、雨が降り出しました。

本当に楽しかったです。
ご参加いただきました皆様には心より感謝申し上げます。


ハーバーランド

また、カメラマンが撮影してくれた写真は改めて
ご紹介するとして、まずは、雰囲気だけでも。


元町商店街の羊放牧スペース。(午前9時半)
阪神園芸さんによる芝生も鮮やかです。


羊、入場。後方にはキリンが。しかも右後方の店は「キリンヤ」


メイン会場のツイードファッションと自転車のディスプレー


元町6丁目のCaterinaのスイーツブース(準備中)


正体不明のゆるキャラが羊を鑑賞


イベント開始、全員で記念撮影


元町商店街からハーバーランドに向かう。
全車、車道に縦一列に並んでいる姿は壮観でした。




ハーバーランドの絶景スポットで記念撮影


交流会終了後、百々代表によるご挨拶

大丸神戸店 外商イベント

管理人の石田原です。

残暑お見舞い申し上げます。
といっても、まだまだ猛暑が続いていますね。
皆さんいかがお過ごしでしょうか。

昨日、大丸神戸店の外商催事「サロンドリュクス」に、神戸ブランメル倶楽部として、初めて参加いたしました。

ホテルオークラ神戸の「平安の間」で開催されたこのイベントは、大丸の外商の顧客の皆さんだけの特別の販売会で、招待客にはフルコースのランチが提供されます。

 ポートタワーとホテルオークラ神戸(左)

今回参加の協力店は、服飾関係では「スピーゴラ」、「イル・クワドリフォリオ」、「神戸堂」、「石田洋服店」、そして自転車関係では、「ベラーテ」と「ブロンプトン」です。

神戸ブランメル倶楽部のコーナーでは、服、バッグ、靴、革小物、帽子のオーダーが可能ということで、ご来場客の注目を集めました。

平日ということで、女性のお客様が多かったため、期待通りの実績を上げることはできませんでしたが、オーダーというのは、繰り返しの提案が必要な地道なビジネス、今後もじっくりと取り組んでいきたいと思います。

いずれにせよ、神戸ブランメル倶楽部としてのこのようなビジネスの展開は、発会当初からの目標でしたので、感慨深いものがあります。





 Brompton

 Bellate

 神戸堂

 Spigola


 Il Quadrifoglio

 石田洋服店

11月10日のTweed Walk & Rideも着々と準備を進めています。
改めてご紹介いたします。



Uomoの取材

運営委員の石田原です。

梅雨入りしてから、からからの日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

◆ 共同ニュースによると、ロンドンでは、 「裸になって集団で自転車に乗るイベント”ワールド・ネーキッド・バイクライド”が開かれ、数百人が目抜き通りを駆け抜けた」そうです。

http://www.47news.jp/CN/201306/CN2013060901001312.html

お洒落をして自転車に乗ることにこの上ない喜びを感じる神戸ブランメル倶楽部では、
どんなイデオロギーを持とうと、絶対に開催しないイベントですね(笑)

◆ 昨日、既報の通り、旧居留地にて集英社のUomoのスナップ撮影が、行われました。
個人のスナップ撮影にも多くの皆さんがお集まりいただきましたが、
「大人のクラブ活動」というテーマでCotton Walk & Rideの撮影もありました。
すでにイベントが終了しているので、前回ご参加いただいた会員の皆さんの中で、ファッションビジネスに関わっていらっしゃる方を中心ににお願いして、改めて同様のスタイルでご参集いただきました。


大本一博氏撮影


大丸神戸店のオープンカフェ「カフェラ」を特別にお借りしての撮影、
天気も良かったので、なかなかいい感じでした。
7月25日売り(9月号)に掲載予定です。

◆ 遅くなりましたが、5月25日のCotton Walk & Rideのアフターパーティーのスナップ写真が出来上がりました。
こちらもPicasaにアップしておりますので、ぜひご覧ください。






Cotton Walk & Ride 写真をアップしました。

運営委員の石田原です。

本日、Cotton Walk & Rideの写真が出来上がってきましたので、
早速、Picasaにアップさせていただきました。
撮影を担当してくれた二人のカメラマンから送られてきた画像はすべて長辺5000ピクセルほどの大きなものですが、今回、Picasaには、長辺を600ピクセル程度に縮小したものを掲示しています。
また、時系列がバラバラですが(笑)、ご了承ください。

◆ Picasaの画像は、ご自由にダウンロードしてください。
◆ もし、オリジナルの大きな画像をご希望の場合は、
      info@kobe-bc.jpまでご連絡いただきましたらお送りいたします。
   ただし、ご自身が写っている写真や、人物の写り込んでいない写真に限らせていただき          ますので予めご了承ください。

それでは、一部ご紹介します。



















写真のアップの一連の作業は、時間もかかって結構大変なのですが、
一番充実した時間でもあります。

ぜひお楽しみください。




Cotton Walk & Ride 無事終了!!!

運営委員の石田原です。

Cotton Walk & Ride、無事終了しました!!

雲一つない晴天、気温こそ28度とちょっと高めでしたが、湿度が低く、あまり汗をかかずに走ることができました。

とにかく、「晴れ」、我々関係者の思いと長期間にわたる準備がもたらしてくれた結果だと思っている、幸せなスタッフたちです(笑)

プロのカメラマンの写真ができ次第、例のごとくPICASAにアップさせていただきますが、とりあえず、私の素人写真で雰囲気だけでも味わってください。

協力店の自転車ファッションと自転車メーカーの展示(準備中)

開会式前、エントリー中

開会式、走行のご説明

開会式

開会式

メリケンパーク

メリケンパーク

ハーバーランド・モザイク メリケンパークオリエンタルホテルと
「ぱしふぃっくびいなす」を望む

ハーバーランド・モザイク

閉会式前の集合写真(神戸朝日ビル)

アフターパーティー(チャータードスクエア)
本当にうれしいことに、当日にパーティーご参加のご希望を頂いた方が多く、
その結果、充分な料理の追加ができずに、申し訳ありませんでした。

また、きれいな写真をPICASAにアップさせていただきます。
お楽しみに。


くろすとしゆき氏 ご来神

運営委員の石田原です。

先日、くろすとしゆき氏が神戸にお越しになりました。

くろすとしゆき氏、言わずと知れた、かつてのVANヂャケットにて創業者石津謙介氏の片腕として、IVY、トラッドの商品開発、KENTの立ち上げをされた、メンズファッション草創期の重鎮です。
同社を退社後、麻布にオーダーメード中心のお店、「クロス&サイモン」を開店されました。
同店解散後は、服飾評論家として活躍、多数の著書もあります。

実は、今回、産経新聞社の竹田徹氏のご尽力により、くろす氏所蔵のコレクションを神戸ファッション美術館に寄贈いただくことになり、すでに運び込まれた膨大な荷物の確認のためにご足労いただいた次第です。

くろす氏の直近の著書、河出書房新社刊の「アイビーの時代」に掲載されている服や小物はすべてくろすさんのコレクションですが、それらの多くのものも含まれており、それ以外に、商品開発のために手に入れられた数々のアメリカや英国の服(軍服を含む)、小物、VANやクロス&サイモンの商品、ノベルティーそして書籍など「マニア垂涎」のものが多くあり、現在、それらを寄贈いただく準備を進めています。

 
河出書房新社刊「アイビーの時代」

 
「アイビーの時代」の表紙を飾ったブレザーの説明をするくろす氏

当時、母親に頼み込んでも絶対に買ってくれなかった(笑)、真っ赤なブレザーやブラックウォッチのジャケット、アスコットシャツなど、この歳になって本物を目の当たりに出来るのは、すごく幸せです。

我々50歳代なかばの者にとっては、ファッションに目覚めた中学生や高校生の頃に「末期のVANやアイビー」の洗礼を受けており、動物の赤ちゃんが生まれて初めて見たものを母親と見定めるが如く、いまだ、私たちのファッションの基本はアイビーなのかもしれません。


右から百々氏、くろす氏、石田原、産経新聞社・竹田氏

1934年生まれのくろすさんは、本当にお元気で若々しく、私は高校、大学の後輩と言うこともあり、気さくにいろいろお話を頂き、楽しいひと時を過ごすことができました。

今後、神戸ファッション美術館の学芸員である神戸ブランメル倶楽部代表の百々さんの手で、詳細に確認作業が行われ、10月から始まる、おそらく日本で初めてのメンズファッションの展覧会「Nipponのおとこ服」にて、一部を皆様にお披露目ができると思われます。

右からくろす氏、京都造形芸術大学・成実氏、百々氏

また、このくろすとしゆきコレクションは、1960年代の日本におけるメンズファッション草創期を知る貴重な資料として、単にロープの向こう側から眺めるだけのものではなく、我々メンズファッションビジネスに携わる者、メンズファッションを愛するものが実際に手に取って当時を実感し、将来のファッションのインスピレーションを得られるもにできればと思っています。

前述の展覧会のオープニングのシンポジウムにもくろすさんに改めてご登場いただく予定だそうです。

このコレクションにも次のイベント、Cotton Walk & Rideのヒントになるものもありました。
是非掲示板にてご紹介したいと思います。




カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
kbc_b_chara.jpg

エントリー

カテゴリー

アーカイブ

最新コメント

  • Tweed Walk & Ride Kobe 2012 (サイクリングジャージ)
    肖柳君
  • 「くろすとしゆきトークイベント」と「交流会」のお知らせ 4
    石田原
  • 「くろすとしゆきトークイベント」と「交流会」のお知らせ 4
    吉本研作
  • 「くろすとしゆきトークイベント」と「交流会」のお知らせ 4
    石田原
  • 「くろすとしゆきトークイベント」と「交流会」のお知らせ 4
    吉田裕蔵
  • Tweed Walk & Ride 2014 10月18日(土)講演会募集開始!
    Lee koko
  • London & Edinburgh 3
    I.T.SHOPアバクロ.com
  • Cotton Walk & Ride Α.汽ぅリングキャップ完成!
    宗濱
  • Cotton Walk & Ride Α.汽ぅリングキャップ完成!
    石田原
  • Cotton Walk & Ride Α.汽ぅリングキャップ完成!
    宗濱

プロフィール

書いた記事数:282 最後に更新した日:2016/08/27

検索

qrcode