神戸ルミナリエ

 運営委員の石田原です。

一昨日より、恒例の神戸ルミナリエが始まりました。

ルミナリエは1995年の阪神大震災の慰霊と鎮魂のメモリアルとして、その年から始まった20万個の電球による光の祭典です。
毎年400万人近い来場者があり、今年のテーマは「希望の光」、特に東日本大震災の慰霊の意味も込められています。

1995年1月17日の阪神大震災の年の暮、全壊した実家のマンションの再建計画のまさに真っ只中、この初めてのルミナリエを見て、少し勇気づけられた思い出があります。
17年ぶりに見たルミナリエはやはりきれいでした。

会場はまさに我々ブランメル倶楽部の聖地(笑)である、旧居留地を横断する道路です。

神戸ブランメル的に説明しますと、
順路として、大丸神戸店の東側の道路を南下し、ブルネロ・クチネリを右に見て、右折すると東西を突っ切る道路のその先にルミナリエの「ガレリア」と呼ばれる光の回廊が見えてきます。
(混雑時はもっと迂回をするそうです)
通りの右手には、ボッテガ・ベネタ、ロロ・ピアーナや新規出店のモンクレールがあり、その先には間もなくオープンするプラダの仮囲いがあります。
左に目を移すと、ハンティングワールドやユナイテッドアローズがかすかに見えます。
ちょうど、コットン ア ウォークやツイード ア ウォークのメイン会場、神戸朝日ビルの裏手にあたります。
そしてもう少し進みますとルイ・ヴィトン、そこから光の回廊が始まります。

(ガレリア)

左にはストラスブルゴ、右のルイ・ヴィトンの隣はバーニーズ・ニューヨーク、そしてその上がオリエンタルホテルです。
少し遠く、南側に交流会の会場、チャータードスクエアも見えます。

(ガレリア)

南北を突っ切る大通りを渡りますと、そこからはアウトドアーの専門店が軒を連ねています。
右側がエディー・バウアー、パタゴニア、左がコロンビアとモンベル、そうこうするうちに、神戸パールミュージアムを右に見て、市役所のすぐ南の東遊園地に到着します。
(遊園地と言っても普通の公園です。)
ここには、「スパリエラ」と呼ばれる、大きな光の壁の「中庭」があります。

(スパリエラ 東遊園地)





そしてそこには、我々にとって、電飾より大切な、兵庫県洋服商工業協同組合が建立した「近代洋服発祥の地」の石碑と、紳士服の型紙をかたどった巨大なモニュメントが鎮座しています。

(「近代洋服発祥の地」の石碑)

   
(左:ジャケットの前身頃と後見頃、 右:ジャケットの袖)

最後は神戸ファッション美術館の母体、神戸市役所の24階の展望フロアーより、ルミナリエの全容を見て、ちょうど午後10時にルミナリエの電球が一斉に消灯しました。
(平日の消灯は午後9時です。)

(消灯後の神戸市役所前)

きっと、上述のお店にとっては、お客様の来店に大きな影響があって、ある意味、「迷惑」な部分もあるのだと思います。
ただ、人は光の前ではみんな笑顔になり、大混雑の中でも本当に楽しそうでした。
また、遠くなっていく阪神大震災の記憶を呼び起こし、その復興の道程、そして、今回の東日本の災害についても改めて考える良い機会になりそうです。
それに免じて、12日間、我慢してください(笑)

神戸ルミナリエは12月12日(月)まで開催しています。
消灯時間の40分位前に行くのが比較的空いていてお勧めです。
http://www.kobe-luminarie.jp/

(六甲アイランドの夜景)

(六甲アイランドの夜景)


神戸ブランメル倶楽部 札幌分会

 神戸ブランメル倶楽部の札幌分会のレポートです。
今回は札幌の鈴木貴智さんのご尽力により開催する事が出来ました。


凄く寒いと思いながら伺った札幌でしたが思った程でも
無かったですね。




お手製のパンフレット

会場は老舗「札幌グランドホテル」でした。
倶楽部メンバーの塚原貴弘さんの「英国ビンテージ シューズと英国靴メイカーの変遷」
の講演予定でしたが時間が無く次回に。



東京から靴磨きの「マエストロ」の松室真一郎さんが参加です。
流石のプロの技でした。
彼は特別配合のクリームのみで一切ワックスを使いません。
それで素晴らしい輝きを出します。



靴磨きのレクチャーです。
指導の通り行うとやはり違いますね。




地元の靴修理職人、「Anon」の秋濱隆佳さん



皆さん、熱心に、、、。

ご自身の靴が解体されて行きます。
内部構造が明らかに成り、
手抜きもハッキリ分かって行きますね。



松室さんを囲み




集合写真



二次会へ


とても楽しく為になるイベントでした。
地元札幌にしっかり根を張るイベントと成る事願っています。

次回、札幌分会は来春開催予定です。


運営委員 河合








ツイード ア ウォーク スナップ写真が出来上がりました!

運営委員の石田原です。

急に寒くなってまいりました。
本格的なツイードの季節がやってきましたね。
先日の第一回神戸マラソンも、土曜日の荒天から打って変わって、快晴に恵まれ、
皆さん、気持ちよく走られたことと思います。
これで、ブランメル倶楽部もマラソンもみんなハッピーでした(笑)。

ところで、大変お待たせいたしました。
本日、11月12日、チャータードスクエアで開催されました、ツイード ア ウォークの交流会のスナップ写真が出来上がってまいりましたので、早速、Picasaにアップさせていただきました。

https://picasaweb.google.com/kobebrummell/201102?authuser=0&authkey=Gv1sRgCKSuzOuOmO-NZA&feat=directlink

写真で改めて交流会を振り返ってみると、皆さん、本当に素晴らしい着こなしです。
「服に着られている」感がまったくなく、こんな集まり、ほとんどありえないですよね。

  




今回、Picasaの画像は元々の4200pxs x 2800pxsのかなり大きな画像を、長辺で1000pxs程度にダウンサイズして掲載しております。
(オリジナルの画像は、ハイビジョン映像のようにシワまでくっきりです(笑))

 ◇ Picasaの画像のダウンロードはご自由ですが、基本的にご自身のお写真のみとさせていただ       きます。

 ◇ お一人ずつ撮ったスナップ写真につきましては、ご記憶の通り、数枚ずつ撮影しており、
    良さそうなものを私の独断と偏見で一枚だけアップさせていただいております。
    もし、すべての写真をオリジナルの画質でご希望の方は、
    神戸グランメルクラブのHPの「お問い合わせ」より、ご連絡をいただけましたら、
    データにてお送りいたします。

 ◇ また、掲載しましたご自身の写真が「気に入らない!」方(笑)、また、お気が進まない方は
    ご遠慮なくお申し出ください。
    すぐに削除させていただきます。

それでは、ぜひお楽しみください!
 

ツイード ア ウォーク 二日目

運営委員の石田原です。

いやー、ご報告が大変遅くなってしまい、申し訳ありません。

今週に入って、別のプロジェクトなどが立て込んで、とんでもなく忙しくなってきました。
ようやく、一息入れられそうです。

ツイード ア ウォーク二日目も無事終了いたしました。
ご参加いただきました会員の皆さん、協力店の皆さん、本当にありがとうございました。

(神戸パールミュージアム)

今回は二日間とも晴天に恵まれ、比較的暖かい週末でした。

実は、これからが裏話です。
もともと、今回のツイード ア ウォークは今週末の11月19日、20日を予定し、講演会、交流会、そして、旧居留地の会場もそれに合わせて押さえていました。
ところが、第一回神戸マラソンが11月20日に決定。
これは、参加者2万5千人の大規模マラソン、しかも大幅な交通規制が敷かれるということもあり、
神戸市のアドバイスで一週間前倒しにしたのです。 

いっそのこと、神戸マラソンと同じ日に開催して、
ツイードを着て、自転車ならぬマラソンで「ツイードラン」をやっちゃおう、という案もあったのですが、どうせ、日ごろの運動不足の身、1キロも持たないだろうと断念しました。

神戸は、4週連続、週末に天気が崩れていたのですが、ちょっとサイクルが短くなって、ツイード ア ウォークの前日が雨、そして、当日は5週間ぶりの快晴の週末となりました。
明日からの週末もまた天気が悪いそうで、そういう意味では、一週間ずらして正解でした。
(神戸マラソンのある日曜日は、天気が回復するそうで、これでみんなハッピーですね。)

ところで、ツイード ア ウォーク、特に神戸朝日ビルの会場は、ショッピングやお散歩の方が多く来場されました。
今後、この会場での展示や会員同士の交流をもっと進めていきたいと思いますので、ご期待ください。

(神戸朝日ビル)

最後に、二日目、神戸朝日ビルの会場にて、「同じ生地のジャケットがかぶってしまった図」です。



なんと、当日は、当倶楽部のアドバイザーの大西基之氏と、カルロ・バルベラの全く同じ生地のジャケットだったのです。
もちろん、全くの偶然、しかも前日には名誉会員でいらっしゃる白井俊夫氏も同じ生地のスーツをご着用で、お仕立服で同じ生地が3人も、しかも神戸で重なるなんて、天文学的確率です。
名誉会員やアドバイザーと同じ生地を選んだことに、私自身、ちょっとうれしかったのですが、お二人にとっては迷惑な話ですね(笑)
先輩の皆様、申し訳ありません!

PS:交流会の際のスナップ写真、間もなく上がってくると思います。
  出来上がりましたら、またまた、Picasaにアップしたいと思います。

ツイード ア ウォーク 初日

運営委員の石田原です。

ツイード ア ウォーク初日、無事終了いたしました。
幸いの秋晴れ、ツイードを着るにはちょっと暖かかったかなあ、といった感じでした。

神戸ファッション美術館での石津謙介生誕100周年記念 講演会
石津祥介さん、鈴木晴生さんそして小木基史さん、お疲れ様でした。



そして第2部のトークショー、『映画に見るメンズ・ファッションのインスピレーション』、
白井俊夫さん、そしてダブルヘッダーの鈴木晴生さん、本当にありがとうございました。



当日、館内では、コスプレのイベントもあり、多くの「美少女戦士」がいたのですが、
それにも負けず、こちらも熱気に包まれておりました(笑)
また、昨日より準備をしておりました、スキャバル協賛の映画の衣装、そして、W.Bill協賛の
ツイードの競演、ともに、皆様にご覧いただきました。

  

そして、夜はお楽しみの交流会でした。
結果的に77名の皆様にご参加いただきました。
料理もなかなかおいしく、旧チャータード銀行の重厚な雰囲気の中、
スナップ撮影会も含め、お楽しみいただけたと思います。

  

そして明日は、二日目、幸い引き続き晴天に恵まれそうです。
神戸朝日ビル、神戸パールミュージアムを中心に、旧居留地の各協力店におきまして、
さまざまな特典をご用意していますので、ぜひお楽しみください。

明日は午前11時の開場に向けて、8時から準備を進めます。
ご期待ください。

 

ツイード ア ウォーク 準備中

運営委員の石田原です。

いよいよ、ツイード ア ウォークも明日に迫ってまいりました!

今日は、一日中、しとしと雨が降り続く天気で、気温も18度以下でした。
雨はすでにほとんどやんでおり、明日、明後日は秋晴れが続くとのこと。
気温も20度前後で、絶好のツイード ア ウォーク日和です。

明日の講演会、トークショーの準備も佳境に入っています。
これは、会場前のロビーの準備中の様子です。

W.Bill協賛の「ツイードの競演」、各店の気合の入った服も、本日、神戸ファッション美術館に集結しました。

(「ツイードの競演」準備中)

また、 Scabal協賛の映画の衣装も着せ付けが終わり、とりあえず、ラフに並べてみました。

(映画の衣装、準備中)

やはり、これだけ服が並ぶと壮観ですね。

それでは、明日と明後日、ぜひ皆さん楽しんでください。

(神戸ファッション美術館の今日の様子)

ツイード ア ウォーク 協力店 冬支度

運営委員の石田原です。

いよいよ、ツイード ア ウォークまで数日となってきました。
いい感じで涼しくなってきましたね。

今回も協力店の特典内容のご紹介です。

まず、Aspesi(アスペジ)です。
なんと、11月12日(土)と13日(日)の二日間、オリジナルバッヂを提示しますと、メンズに限り、全品10%オフにしていただけるそうです。
いままで、セール期間中でも除外品となっていたM65をはじめ、定番商品もすべてが対象です。
これは、特筆すべき特典ですよね!



また、コルウでは、通常のテーラーではほとんどお目にかかれない、ドーメルのツイーディーな紺のウィップコードを使ったコートのご提案です。ビスポーク、ス・ミズーラとも通常価格の20%オフ、5着限定ですので、ぜひお早めに。

   

そして、断然お得なのは、神戸シャツです。
なんとお買い上げがなくとも、来店してオリジナルバッヂを提示するだけで、先着20名にオリジナルのハンカチをプレゼントしていただけるそうです。ただし、11月13日(日)のみです。
まず、旧居留地に着いたら、何はともあれ、こちらに直行です。



また、ベストリアからもツイードジャケットの写真が到着しました。ツイードの競演のW.Billの服地とは別のジャケットですが、期間中にご注文いただくと、カフリンクスをプレゼントしていただけるそうです。



最後に、今回、協力店に加わっていただきましたカミネ旧居留地店では、ピンバッヂを提示すると腕時計のメンテナンスに関するコンサルティングを無料でやっていただけるそうです。



13日(日)はとにかく忙しいですね(笑)

各協力店の合間に、神戸パールミュージアムの映画衣装の展示や神戸朝日ビルの「ツイードの競演」もぜひご覧ください。

ツイード ア ウォークのイベントにつきましては改めてこちらをご覧ください。
http://www.kobe-bc.jp/event/event.html

また、各協力店の特典内容もこちらをご覧ください。
http://g.co/maps/599bh


PS:11月13日(日)は神戸朝日ビルのインフォメーションにおきましてもオリジナルピンバッヂを実費にて販売しております。(1,500円)
まだお持ちでない会員の皆さんはぜひこの機会に!


 

ツイード ア ウォーク 協力店 革ざんまい

運営委員の石田原です。

今回から、各協力店のサービス内容をご紹介したいと思います。

今回も、靴をはじめ革製品が充実しています。

まず、前回のコットン ア ウォーク同様、ビスポークシューズのスピーゴラがベラゴと共同でプレタポルテの受注会を開催いたします。



場所は、バーニーズニューヨークの南側の電電ビルの4階です。
第一回目のコットン ア ウォークの際も、かなり多くのお客様がお越しいただきました。
ご注文の際にバッヂを提示しますと、シューレースセットをプレゼントしていただけます。

また、今回初出店ですが、13日(日)のみ、神戸パールミュージアムにて、Il Quadrifoglioが革小物の展示販売をいたします。
Il Quadrifoglioの代表の久内淳史氏はイタリアのフィレンツェで伝統的な靴と革小物の技法をを学び、革の特性、自然な材料を巧みに用い、ミシンなどの縫い目もなく カシメなどの金属類も使わない独特の製品を作り出します。

  

今回は、Portamonete(コインケース),Portabiglietti(名刺入れ),
Porta"iPhone"(iPhoneケース)を展示販売いたしますので、ぜひご覧ください。

同じく、神戸パールミュージアムでは、先日もご紹介しました香港で活躍する靴職人、奥山大氏のビスポークシューズもご覧いただけます。



また、ユナイテッドアローズ神戸元町店では、Bespoke Shoeshine by maestroの松室真一郎氏による、シューシャインサービスを開催します。
神戸ブランメル倶楽部のピンバッヂを持参の会員には、通常2100円のシューシャインを一足無料でサービスしていただけるそうで、バッヂの実費から考えてもこれは、絶対にお得ですね(笑)

一方、クインクラシコ神戸店では、バッヂを提示しますと当店別注のPerfettoのドレスシューズが10%の割引になります。

それでは、ツイード ア ウォーク、服だけでなく、ぜひ靴や革小物をお楽しみください。

PS:
11月12日(土)の講演会とトークショーはまだ若干の余裕がありますで、お早めにお申し込みください。
また、交流会はほぼ定員に近づいておりますが、本当に若干の余裕がありますので、こちらも、ご希望の方は是非お早めに!

明日から、出張に参りますので、ほんの数日、ご無沙汰するかもしれません。

もうちょっと、涼しくなってほしいですね(笑)
 


神戸ブランメル倶楽部 札幌分会のお知らせ

運営委員の石田原です。

今回は、来週末に迫りましたツイード ア ウォークからちょっと離れて、神戸ブランメル倶楽部札幌分会の初イベントのお知らせです。

このたび、札幌にてお世話を頂く、鈴木 貴智さんより、下記のメッセージが入りました。

             ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   
 
タイドアップしてお酒を傾けながら、シューシャインのプ​ロにドレスシューズの磨き方と靴のケア方法を学んでみた​り、グッドイヤーウェルト製法の靴のソール解体実演を見​て靴のリペアとケア方法を学んでみませんか。
11月26日(土)に神戸ブランメル倶楽部札幌分会「S​apporo Shoe Shine Salon」を開催します。




日 時  : 11月26日(土) 17:00〜20;00
場 所 : 札幌グランドホテル http://www.grand1934.com/
定 員 : 40名
募 集 : 事前申し込み制
会 費 : 3,500円
 
内 容:
松室 真一郎氏によるプロのハイシャインの実演とレクチャー。
​当日は抽選で来場のお客様の靴を松室 真一郎氏がハイシャイン致します。
また、松室 真一郎氏にハイシャインを学び実践するコーナーを設けま​すので、ご自分の磨きたい靴を持参していただければと思​います。

また、秋濱 隆佳氏によるグッドイヤーウェルト製法の靴の解体実演。
​お客様がソールリペアを希望する靴をその場で解体してご​覧頂けます(要事前申し込み)。
(事前にメールでお申し​込みいただいた方先着5名様に限り、オールソールリペア​代金通常10,500円を半額5,250円とさせて頂き​ます。但しオプションは別途になります)
上記の内容について詳しくお知りになりたい方、オールソ​ールリペア&解体実演をご希望の方は下記メールアドレス​までお問い合わせ下さい。
 

講演者: 松室 真一郎 氏(bespoke shoe shine salon「maestro」代表)
      秋濱 隆佳 氏(シューリペア工房「Anon」)
 
参加方法: 下記のメールアドレスに参加者名と参加希望の旨をご​連絡下さい。
        折り返し御連絡させていただきます。
 
メールアドレス:sss.sapporo@gmail.com
 
締切日: 11月22日
 
質問、お問い合わせも上述のメールアドレスにお願いします。
 
この機会に神戸ブランメル倶楽部へ是非ご入会下さい。

神戸ブランメル倶楽部札幌分会 鈴木 貴智

           ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   
 

北海道の皆さん、間もなく革靴がはけなくなるシーズンに突入しますが、それまでに、お手持ちの靴のケアをしてください(笑)
ぜひご参加をお待ちしています。


ツイード ア ウォーク ハイライト その3

運営委員の石田原です。

先日、奈良国立博物館で開催している「正倉院展」に行ってきました。

 

正倉院はご存じのとおり、東大寺の倉庫ですが、奈良時代、756年に聖武天皇の四十九日法要の際に光明皇后が東大寺大仏に天皇の遺愛品約650件を奉納したのが正倉院宝物の始まりです。
一年に一度、その中の貴重な宝物数十点がこの時期に公開されます。

今回は、聖武天皇が身に着けたと思われる袈裟や太刀、また、奈良時代から伝わる香木など興味深いものが公開されています。
特にこの香木には、時の権力者である、足利義政、織田信長や明治天皇が切り取って香りを楽しんだ跡が残っています。

ツイード ア ウォークの翌日まで開催していますので、関西にお越しのついでに是非お立ち寄りください。

ところで、スキャバルの映画の衣装は、本日、当店に到着し、明日から神戸ファッション美術館でディスプレーの準備に取り掛かります。

通常、これらの貴重な資料の場合、無償で貸与をしていただいても、現地からの空輸費、損害保険等は当方が負担するのが習わしですが、今回は、全面的にスキャバル社にご協力を頂き、我々にとって最小限の負担にてお借りすることができました。
スキャバル社には感謝、感謝です。

スキャバル社については、皆さん、ご存知の方も多いと思いますが、簡単にプロフィールをご紹介しましょう。

スキャバル社はベルギーのブリュッセルに本社を置く世界最大の紳士服地のウールン・マーチャント。
ウールン・マーチャントとは、原料の羊毛を買い、これを毛織物業者に織らせて、出来上がった服地を全世界のテーラーに供給する会社です。

 (ブリュッセルのスキャバル本社)

創業者である、オットー・ハーツ氏は第二次世界大戦中に唯一ユダヤ人の迫害のなかったベルギーに逃れ、そこを本拠地にスキャバル社を立ち上げ、現在では当たり前になった「バンチサンプル」のシステムで、紳士服業界の寵児となりました。

ブリュセッルはEUやNATOの本部の置かれるヨーロッパの「首都」であり、ヨーロッパ内の主要な都市まで空路で一時間足らずという地の利を生かし、英国やイタリア産の服地を巨大な保税倉庫に保管し、全世界に供給しています。

彼は極めて多趣味で、サルバトール・ダリとも親交が深く、ダリ画伯はスキャバルのために「未来のファッション」と題した12枚のリトグラフを製作しました。

オットー・ハーツ亡き後、ピーター・ティッセン氏、またその息子グレゴー・ティッセンが跡を継ぎ、ますます発展を続けています。

      
        Both pictures by Pascal Lamaitre

実は私の父親は日本におけるスキャバル導入を進めた一人であり、今年は、スキャバル社との交渉からちょうど50年に当たります。

私自身もパリの代理店や英国のハダースフィールド(ヨークシャー)の支店で働いていた時期があります。
特に、ハダースフィールドには当時、副社長のStanley Kinder O.B.E(O.B.Eは大英帝国勲章叙勲者の称号)がおり、彼は、当時ディビジョン4に所属する地元のフットボールチーム「Huddersfield Town FC」のオーナーでした。
2週間に一度の地元でのホームゲームの際は、その副社長と一緒に応援に行くのですが、「オーナーの同伴者」ですから座る席は、当然ロイヤルボックスでした。
試合終了後は出場選手とともに、ティーパーティーが開かれます。
ただ、ロイヤルボックスで見るサッカーほどつまらないものはないです(笑)

ちなみにScabalとは、"Societe Commerciale Anglo-Belgo-Allemande"(英国、ベルギー、ドイツの商社)というフランス語が由来です。

スキャバル社は今回の映画衣装以外にも、007シリーズやバットマンなどにも服地を提供しており、またぜひお願いしたいと思っています。

それでは、また、協力店の特典などをご紹介いたします。


カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
kbc_b_chara.jpg

エントリー

カテゴリー

アーカイブ

最新コメント

  • Tweed Walk & Ride Kobe 2012 (サイクリングジャージ)
    肖柳君
  • 「くろすとしゆきトークイベント」と「交流会」のお知らせ 4
    石田原
  • 「くろすとしゆきトークイベント」と「交流会」のお知らせ 4
    吉本研作
  • 「くろすとしゆきトークイベント」と「交流会」のお知らせ 4
    石田原
  • 「くろすとしゆきトークイベント」と「交流会」のお知らせ 4
    吉田裕蔵
  • Tweed Walk & Ride 2014 10月18日(土)講演会募集開始!
    Lee koko
  • London & Edinburgh 3
    I.T.SHOPアバクロ.com
  • Cotton Walk & Ride Α.汽ぅリングキャップ完成!
    宗濱
  • Cotton Walk & Ride Α.汽ぅリングキャップ完成!
    石田原
  • Cotton Walk & Ride Α.汽ぅリングキャップ完成!
    宗濱

プロフィール

書いた記事数:282 最後に更新した日:2016/08/27

検索

qrcode