Cotton Walk & Ride 大丸神戸店のイベント

運営委員の石田原です。

Cotton Walk & Ride 2014もいよいよ、一週間後に迫ってまいりました。

4月26日(土)の神戸ファッション美術館でのトークイベント、すでにかなりのお申し込みをいただいておりますが、
まだ、お席には余裕もありますので、ぜひお申し込みください。
(お申し込みはイベント前日まで受け付けております。)

また、4月27日(日)の交流会は、4月20日がお申込み期限となっていますので、ぜひふるってお申し込みください。

詳細は、
http://www.kobe-bc.jp/event/event.html

ところで、イベントの両日は、大丸神戸店においても、旧居留地フェスティバルが開催され、
6階の紳士服フロアーでもいろいろイベントが開催されます。



 
Early Summer Party For MEN
◆4月26日(土)・27日(日)◆6階紳士服フロア
Darts GAME
◎各日13時〜18時 ◎珈琲館 英国屋 前
期間中、6階で税込み20,000円以上(1レシート)お買上で
ご参加頂けます。期間中獲得ポイント上位10名様には、
後日素敵なプレゼントをお届けいたします。
JAZZ TIME
◎各日13時・14時30分[紳士洋品売場]
日吉直行さん率いる「trio」のJAZZ演奏をお楽しみ下さい。
スペシャル企画 4月27日(日)16時〜18時
雑誌「MEN’S EX」お洒落道場外伝 撮影隊が来店!
今回の撮影テーマ「夏のドレス・スタイル」で、6階に
ご来店下さい。雑誌に掲載されるかもしれません。
※詳細は当日売場係員におたずねください。
スペシャル企画 紳士服の対象ショップでお買上の方に、プレゼントを
差し上げます。※すべて先着順となり、なくなり次第終了。
※お買上条件はショップごとに異なります。(対象外あり)

 

いまどき、百貨店の紳士服売場でここまでイベントを開催されるところは少ないですね。
大丸神戸店の紳士服が神戸のメンズファッション市場で確固たる地位を築いておられる証左ですね。

以前からご案内している、Men's EXのお洒落道場外伝の撮影会もありますので、Cotton Walk & Rideの交流会終了後
ぜひ、お立ち寄りください!

     ◆   ◆   ◆

ところで、今回のイベントとは全く関係のない話題で恐縮ですが、
不肖、私、4月20日(日)と27日(日)、二週連続で、Inter FMにゲスト出演いたします。



両日とも21:00からの「Oh! Boy」という番組で、DJを勤める原田節(はらだたかし)君は大学時代の友人です。
彼は、「オンド・マルトノ」という、初期の電子楽器の世界的な第一人者で、世界各国で活躍しています。
日本の大学は経済学部卒業と異色の経歴ですが、もちろん、最終学歴はパリ国立高等音楽院 (コンセルヴァトワール)で、オンド・マルトノ科を首席で卒業しています。
一時期、パリのモンマルトルのアパートのご近所さんでもありました。
楽器の名前はほとんどの皆さんがご存じないのですが、時々CM等にも使われているので、音を聞くと「ああ、あれね」と
お分かりになると思います。
まあ、私自身、音楽の造詣はまったく、という残念な人間ですが、洋服屋と大学講師のお話をしたような気がします。
(正直、あまりよく憶えていないし、残念ながら神戸では聴くことができません。)
もし、日曜日の夜、死ぬほど暇だったら、聞いてやってください。

https://www.interfm.co.jp/ob/index.php?mode=sun&id=76


それでは、イベント当日の天候を気にしつつ、失礼いたします。
 

Cotton Walk & Ride 2014 (ワークショップ)

運営委員の石田原です。

4月26日(土)と27日(日)のCotton Walk & Ride 2014の準備も着々と進んでいます。

今回は、大丸神戸店や元町商店街とのコラボレーションが一つの特徴です。
ちょうど、当日は、大丸神戸店が主催する「旧居留地フェスティバル」の真っただ中。
店の内外ではいろんなイベントが開催されます。
紳士服に関しては、6階の売り場にCotton Walk & Rideに連動した自転車やファッションの展示が行われます。
27日の午後4時からは、Men's EXの「お洒落道場外伝」のスナップ撮影会が行われます。

かたや、元町商店街は、前回のTweed Walk & Rideの際に、「The Campaign for Wool」の一環として、
羊の放し飼いのために、商店街をお借りした経緯もあり、今回は、我々のメイン会場である神戸朝日ビルにて
ワークショップを開催されます。
元町商店街では半年に一度、クリエーターたちの展示販売会である「神戸クラフツアーケード」を開催されています。
このイベントそのものは5月24日(日)に元町4,5,6丁目のアーケードで開催されますが、そのPRをかねて、
ワークショップを開かれます。
神戸クラフツアーケード公式HP  http://kobe-crafts.com/
内容は、
◇「Banshu Pass Case」
 兵庫の地場産業である、播州織、皮革、播州刃物を使ったワークショップ

  

◇時間は約90分、
 第一回目は11:00〜 (定員12名)
 第二回目は13:30〜 (定員12名)
◇内容
 .錙璽ショップ参加料:1,000円
 ∋臆誕仂歿齢:中学生以上 (針とハサミを使用するプログラムになります。)
 持参物:なし
◇募集方法
 下記のアドレスまでメールにてお申し込みください。(定員になり次第募集を締め切ります。)
 住所・氏名・年齢・電話番号・参加人数を記載のうえ、題名「ワークショップ参加申し込み」でお送りください。
◇主催
 神戸クラフツアーケード実行委員会
 
こういうの、わいわい言いながらやってみると楽しそうですね。
交流会ご参加予定の皆さん、午前中はワークショップに参加されませんか。


昨年のTweed Walk & Ride 2013の際の元町六丁目でのField dayの様子


 


 

 

Cotton Walk & Ride 2014

運営委員の石田原です。

今日、明日は真冬並みの寒さですが、来週から本格的な春がやってきそうです。
早く、春の装いを楽しみたいですね。

さて、Cotton Walk & Ride 2014までいよいよ3週間となりました。

4月26日(土)は神戸ファッション美術館にて、白井俊夫氏、鈴木晴生氏、大西基之氏によるトークショー「アメリカ映画に見るメンズファッションの30年」を行います。
お三方は当日紹介していただける40年代、50年代、60年代の映画の選定を鋭意進めていただいています。
楽しみですね。
まだ、席に余裕がありますが、ぜひお早目にお申し込みください。
もちろん、参加費は無料です。

それから、4月27日(日)は旧居留地に会場を移し、自転車走行と交流会を開催します。
交流会の参加費は2000円で、前回同様、Caterinaのランチがついています。
今回、ランチは”グレードアップ”をお願いしていますが、具体的なメニューは改めてご紹介します。

会場では、協力店の春のCotton Walk & Rideファッションの展示とは別に、特別に英国ヴィンテージ自転車の愛好家の皆さんの多大なるご協力による、貴重な自転車の展示を行う予定です。
山中唯裕氏と濱口宗士氏がお持ちの大変貴重な、第二次世界大戦の戦前、戦中、戦後の自転車をお持ちいただきます。

当日、ご覧いただける自転車はこんな感じです。
 
 1980年製デンマーク・ペデルセンサイクル

 1944年製BSA英国空軍空挺部隊 パラトルーパー

 1946年製ラレーレコードエース

  1984年製アレックスモールトンAM-7

  1965年製アレックスモールトン 4speed

  1933年製 Rudge Whitworth Gents Light Tourist

これだけのヴィンテージ自転車が一度に見られることもめったにありません。
必見ですね。

 

Cotton Walk & Ride 2014

運営委員の石田原です。

本日、この春のイベント、Cotton Walk & Ride 2014のお知らせをさせていただきました。
http://www.kobe-bc.jp/event/event.html

いやー、今回は、船頭ではなく(笑)、大丸神戸店や元町商店街の実務者と我々神戸ブランメル倶楽部の運営委員が連携して、イベントを作り上げていきましたので、ようやくここまでたどり着いた感慨があります。

まあ、本当は、イベントの実務はこれからが大変なのですが。


昨年のCotton Walk & Ride 2013

日程は以前からお知らせしていますように、4月26日(土)と27日(日)の二日間です。
初日の4月26日は、六甲アイランドの神戸ファッション美術館にて、
白井俊夫氏、鈴木晴生氏、大西基之氏によるトークショー、「アメリカ映画に見る、メンズファッションの30年」です。
40年代、50年代、60年代のアメリカ映画をピックアップします。
こんな「映画の見方」もあるのかと、新たな楽しみかたを伝授していただけます。
このトークショーは入場無料です。
席数に限りがありますので、お早目にエントリーしてください。

また、二日目の4月27日(日)は、旧居留地に場所を移し、Cotton Walk & Rideを開催します。
今回のライド(自転車)は、自転車とファッションに一家言を持つ(笑)皆さんを、あらかじめご招待しております。
約30名による、旧居留地の自転車走行は迫力でしょうね。
これを見るだけでも値打ちものですよ。
ただし、ご参加希望の方がいらっしゃいましたら、若干名、エントリーが可能です。(会費無料)
自転車や自転車ファッションを自慢したい方、ぜひお申し込みください。
ドレスコードは
    ◇ ジャケットかベストの着用
    ◇ ジャケットかベストを着用しない場合は衿付きのシャツを推奨
    ◇ パンツの長さは自由、ショートパンツもOK

そして、13:00〜15:00まで、交流会を開催いたします。
これは、自転車走行をされない皆様にぜひご参加いただきたいと思います。
今回は別会場でのパーティーは開催しませんので、ぜひご参加ください。
前日のトークショーにご出演頂く、白井俊夫氏、鈴木晴生氏、大西基之氏にも出席いただく予定です。
会費は2000円、前回と同じように、Caterinaのミートパイ、焼菓子、アイスクリーム、ロイヤルミルクティーをサービスさせていただく予定です。


昨年のCotton Walk & Ride 2013
この後に、大丸神戸店の6階でMen's EXの青柳光則氏の「お洒落道場外伝」の撮影会があります。
テーマは「夏のドレススタイル」、交流会のお洒落のまま、大丸に直行ですね。

また、展示も従来と同じ、協力店のCotton Walk & Rideスタイルの提案があります。

そして、今回の目玉が、英国ヴィンテージ自転車愛好家の山中唯裕氏と濱口宗士氏の多大なるご協力による、英国ヴィンテージ自転車の展示です。
現在の予定では、
    ◇ パラトルーパー
       英国のパラシュート部隊がノルマンディー上陸の際にそれを持って降下した、折り畳み自転車。
       1944年製の実物。
    ◇ アレックス・モールトン
       1984年製の初期のAM-7モデル。ライセンスではなく正真正銘のお城モデルです。
    ◇ ラレー
       なんと1946年製の本物のRecord Ace。
などなど、多くのヴィンテージ自転車をご覧いただけます。
これだけでも値打ちがありますね。

これ以外に、元町商店街によるワークショップや現在企画中のイベントも盛りだくさん、
ぜひご参加ください。

それでは、ぜひ、イベント情報をじっくりご覧ください。

「日本の男服」展 1月4日(土)にはギャラリートークを開催

運営委員の石田原です。

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

神戸ブランメル倶楽部もお陰様で発足から3年が経過、
今年は、神戸の様々な地域との連動を目指して、
新たなステージに入っていきます。
ぜひ、お楽しみに。

ところで、六甲アイランドの神戸ファッション美術館の「日本の男服」展も1月7日までとなりました。
新年は1月4日から開館しますので、残すところ、4日間。

1月4日(土)午後2時より百々学芸員による、今展覧会の最後のギャラリートークが行われます。
ぜひこの機会にご来場をお待ちしています。


レセプションの際の、イラストレーターの山崎真理子さん
コラムを執筆された、くろすとしゆき氏も。
 

レセプションの来場者に説明をする百々学芸員。
左は、兵庫県を代表する仕立て職人、佐伯博史氏。
中央にはカワキ屋クリーニングの石崎二郎社長も。


くろすとしゆきコレクション
左から、信濃屋の白井俊夫氏、くろすとしゆき氏、石津祥介氏。


EDWARDSコレクション
貴重なコレクションをお貸しいただいた里見高行氏。

レセプション会場にて
左から石津祥介氏、くろすとしゆき氏、里見高行氏、白井俊夫氏、畑埜佐武郎氏

神戸ファッション美術館、百々学芸員

「日本の男服」展 その7

運営委員の石田原です。

Season's Greetings !

さて、「日本の男服」展もいよいよ、1月7日までとなりました。(12月28日〜1月3日は休館日)
ほかの都市での巡回展もありませんので、ぜひご来館ください。

それでは、いままでご紹介した一宮博物館コレクション、EDWARDSコレクション、くろすとしゆきコレクション以外の
展示をご紹介します。


産経新聞の夕刊に連載された、くろすとしゆき氏のエッセイと
イラストレーター山崎真理子氏の挿絵
これだけでも一時間以上の読みごたえと見ごたえがあります。




同時開催の「ペンハリガン その香りの歴史」展
143年の歴史が一目瞭然。


ペンハリガンのすべての香りがお試しいただけます。


「スーツができるまで」
スーツの解体新書、約200点のパーツで構成されています。
私、石田洋服店で製作させていただきました。
途中で上前(左)、下前(右)がこんがらがって大変でした。
展示会の初日の前々日に、袖の左右が逆であることが判明して、取り換える羽目に。


世界を代表する2大ウールマーチャント、ScabalとInnes Chambers(Holland & Sherry)
にご協力をいただいた、コレクションの展示。
すべてのバンチサンプルは手に触れることができます。

「日本の男服」展 その6

運営委員の石田原です。

いよいよ、神戸ファッション美術館の「日本の男服」展も実質的に約一週間となりました。
(12月29日〜1月3日は休館日)
まだ、ご覧になっておられない方は、急いでお越しください。(25日の水曜日は休館)

さて、くろすとしゆきコレクションをもうちょっとご紹介したいと思います。


アイビースリーピース 1960年 銀座山形屋製


ダッフルコート 1965年 VAN


リバーシブルステンカラーコート 1967年 Kent


アイビークラブ 印袢纏 1959年


国民服 乙号 1940年制定
当時の陸軍の横やりで「簡易軍服」になってしまったらしい。

国民服 甲号 1940年制定
宮中に参内できるだけの格式を持った
衣冠束帯に代わるものとして、複雑な構造になってしまった。
この辺りは、「日本の男服」の図録にある、
武庫川女子大学の井上雅人氏の「四つの身体を統合する試みとしての国民服」に詳しい。

「日本の男服」展 その5

運営委員の石田原です。

神戸ファッション美術館の「日本の男服」展、くろすとしゆき氏のコレクションを個々にご覧いただきます。


1962年 VAN アイビークラブブレザー


1967年 VAN スタジアムジャンパー
Men's Club 「街のアイビーリーガーズ」特製


1957年 VAN スリッカー


1962年 VAN ヨットパーカー(試作品)

引き続いて、くろすとしゆきコレクションをご紹介します。
お楽しみに!

日本の男服」展 その4

運営委員の石田原です。

引き続き、神戸ファッション美術館の「日本の男服」展の展示のご紹介いたします。
今回はこの展覧会の開催のきっかけとなった、くろすとしゆき氏より寄贈を受けたコレクションをご案内いたします。
まず、今回は展示を俯瞰していただき、あらためて個々の展示の説明をしたいと思います。

くろすとしゆきコレクション (VAN, KENT)

くろすとしゆきコレクション (個人のコレクションおよびVAN)


くろすとしゆきコレクション (VAN, KENT)

くろすとしゆきコレクション (VAN)

くろすとしゆきコレクション 靴

くろすとしゆきコレクション (婦人画報社 Men's Clubの前身「男の服飾」)

「日本の男服」展 その3

運営委員の石田原です。

神戸ファッション美術館の「日本の男服」展の展示を引き続きご紹介します。

今回は、一宮博物館所蔵のコレクションをご紹介します。
これは、毛織物の産地、尾州の大手の毛織物整理加工会社が集められた貴重なコレクションを、
一宮市として、買い上げされたようです。
すべて、「本物」の大礼服や軍服です。
それぞれ、金モール刺繍が素晴らしいです。
(これらの金モール刺繍は、フランスに発注、実際の製作はインドやインドネシアで行われたと思われます。
 インド地方の「ザリワーク」という伝統芸ですね。)


勅任官大礼服 (明治) 一宮博物館所蔵



宮内官大礼服 (明治) 一宮博物館所蔵


有爵者大礼服(男爵) 大倉喜八郎着用 一宮博物館所蔵


陸軍将校正装 (大将) 一宮博物館所蔵

 
フロックコート 明治天皇着用 一宮博物館所蔵



カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
kbc_b_chara.jpg

エントリー

カテゴリー

アーカイブ

最新コメント

  • Tweed Walk & Ride Kobe 2012 (サイクリングジャージ)
    肖柳君
  • 「くろすとしゆきトークイベント」と「交流会」のお知らせ 4
    石田原
  • 「くろすとしゆきトークイベント」と「交流会」のお知らせ 4
    吉本研作
  • 「くろすとしゆきトークイベント」と「交流会」のお知らせ 4
    石田原
  • 「くろすとしゆきトークイベント」と「交流会」のお知らせ 4
    吉田裕蔵
  • Tweed Walk & Ride 2014 10月18日(土)講演会募集開始!
    Lee koko
  • London & Edinburgh 3
    I.T.SHOPアバクロ.com
  • Cotton Walk & Ride Α.汽ぅリングキャップ完成!
    宗濱
  • Cotton Walk & Ride Α.汽ぅリングキャップ完成!
    石田原
  • Cotton Walk & Ride Α.汽ぅリングキャップ完成!
    宗濱

プロフィール

書いた記事数:282 最後に更新した日:2016/08/27

検索

qrcode