プロフィール
神戸ブランメル倶楽部
クラシックな装いを好む人々が集まってできた会員組織「神戸ブランメル倶楽部」が運営するブログです。伝統を重んじ、本物を愛する人たちに情報を発信しています。

神戸ブランメル倶楽部について

趣旨
『日本近代洋服発祥の地』である神戸は今も、紳士服から靴まで、紳士の装いが揃う街です。異国情緒漂う街並みに、洒脱な雰囲気にあふれた店の数々。神戸には、大人の遊び場あるいは社交場としての要素が数多くあります。それらを今一度つないで、紳士たちが装い、行き交い、楽しむことができる、そんな国内でも稀有な場をつくりたい。そして、そこから日本の紳士の装いをもっと盛り上げたい。そんな想いから生まれたのが、神戸ブランメル倶楽部です。

活動方針
神戸ブランメル倶楽部は、草の根運動やWeb上での情報交換によって、クラシック(最高の、最上の意味)な装いを好む多くの方々を募り、その楽しさを周囲の人たちに伝え共有して、親睦を図り、それによって地域の服飾関連小売業や飲食業、サービス業、その他の関連業種の振興と活性化を目的とします。主な活動としては、毎年5月と11月の土曜と日曜の2日間に、六甲アイランドと旧居留地を中心に、それぞれ〈コットン ア ウォーク〉と〈ツイード ア ウォーク〉というイベントを行います。また、それ以外にも、様々なセミナーや展示会などを開催していきます。

大人の社交場・神戸
◎幕末から明治期にかけていち早く西洋文明が入ってきた神戸には、東洋でも西洋でもない独特の雰囲気がある。
◎異人館、旧居留地、メリケンパーク、フラワーロード、南京町など。
◎ 服飾店、飲食店、観光場所、地域振興会などが連携していき、“紳士の社交場・神戸”を演出。

活動内容
◎コラム、ショップ情報、イベント情報、掲示板など、メンズ・ファッションの専門サイトを運営。
◎年2回、会員ミーティングを開催(土日祝日のうちの2日間 )
4月〜5月:コットン ア ウォーク(予定)
10月〜11月:ツィード ア ウォーク(予定)
◎同時にメンズ服飾の講演会、セミナー、展示会、交流会などを開催。

運営委員:
石田原 弘 Hiroshi Ishidahara (石田洋服店)
河合 正人 Masato Kawai (河合正人 花事務所)
百々 徹 Tohru Momo (京都造形芸術大学)


倶楽部 所在地:
〒658-0032 神戸市東灘区向洋町中6−9 神戸ファッションマート 1階 (石田洋服店内)

◇ 会員、協力店のお申込み、その他お問い合わせ
  e-mail: info@kobe-bc.jp あるいは info@oshitate.com



profilephoto

神戸ブランメル倶楽部の紋章について

紋章は中世ヨーロッパにおいて甲冑で身を固めた騎士が個人を識別する手段として、盾に個人のシンボルを記したのが起源と言われています。 従って、本来、紋章(Coat of Arms)と呼ばれるのは、中心の盾形の部分だけであって、その後、マークとしてより装飾的に、周りのクレスト、冠、リース、モットー等が付け加えられました。 これらを総称して大紋章(Achievement)と呼ばれています。
さて、神戸ブランメル倶楽部の紋章は、英国の紋章学に基づき、英国にて制作されました。 当倶楽部の紋章は、千鳥格子、三つ星、帆船の三つのパートに分かれています。 まず千鳥格子ですが、日本ではこの柄に鳥が飛んでいる姿を想像し、千鳥格子と名づけました。 一方、英国では、「ハウンド・トゥース」あるいは「ドッグ・トゥース」と呼ばれ、猟犬の牙をイメージしています。 また、フランスでは「ピエ・ドゥ・プール」すなわち鶏の足を想像しました。
織柄としては古典的なこの千鳥格子も国によって見方が変わる、西洋文化を積極的に取り入れ、独自の文化を築いてきた神戸、そして神戸ブランメル倶楽部を象徴します。
続いて、中心の三つ星ですが、「山」と「海」に囲まれた神戸という「街」を象徴し、また、神戸ブランメル倶楽部の「会員」・「協力店」・「神戸ファッション美術館」を表しています。
そして、一番下の帆船は、港町神戸をイメージし、当倶楽部における文化や人の交流を象徴しています。 帆には、神戸市章が描かれています。
アクセサリーとして、男性の正式礼装の際に用いる、シルクハットとステッキが配されており、紋章の下のバナーにはモットーとして、ラテン語で「Vestis Virum Reddit」と書かれています。 英語では「Clothes make the man」(服が男を作る。),「トム・ソーヤーの冒険」で有名なアメリカの作家、マーク・トウェインの言葉です。 実際には、その後に「Naked people have little or no influence on society.」(裸では社会においてほとんど影響力がない)と続きます。
是非味わい深い紋章をじっくりご覧ください。


カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
kbc_b_chara.jpg

カテゴリー

アーカイブ

最新コメント

  • Tweed Walk & Ride Kobe 2012 (サイクリングジャージ)
    肖柳君
  • 「くろすとしゆきトークイベント」と「交流会」のお知らせ 4
    石田原
  • 「くろすとしゆきトークイベント」と「交流会」のお知らせ 4
    吉本研作
  • 「くろすとしゆきトークイベント」と「交流会」のお知らせ 4
    石田原
  • 「くろすとしゆきトークイベント」と「交流会」のお知らせ 4
    吉田裕蔵
  • Tweed Walk & Ride 2014 10月18日(土)講演会募集開始!
    Lee koko
  • London & Edinburgh 3
    I.T.SHOPアバクロ.com
  • Cotton Walk & Ride Α.汽ぅリングキャップ完成!
    宗濱
  • Cotton Walk & Ride Α.汽ぅリングキャップ完成!
    石田原
  • Cotton Walk & Ride Α.汽ぅリングキャップ完成!
    宗濱

プロフィール

書いた記事数:282 最後に更新した日:2016/08/27

検索

qrcode